ネットでショッピングなら

12月は冬になったばかりの時期、出かけるときには冬用のコートに冬小物のグッズが定番の気温です。
家にいるときでもぽかぽか靴下やグッズが欠かせない、室温が10℃前後になれば暖房ヒーターも使うことになる。

この冬は以前から考えていたセラミックヒーターを買おうかと検討、とりあえず暖房器具はあるけれど予備的に買っておいた方が安心と思う。
店舗に行って品選びをしてもよいけれど、お値段的に言うとネットのサイトショップがいいかな。
冬物ヒーターと検索したら商品説明には「定格周波数 50Hz・60Hz」の書き込み、Hzはヘルツの読みだけれど意味はわからなかった。

検索窓で周波数50Hz・60Hzと入力したら、国内では富士川と糸魚川を境にして東は50Hzでこのラインから西なら60Hzの電気が送られているとあった。
地域別に使える電気製品の周波数で50Hzとか60Hz、聞いたことはあったけれど遠方に越すこともないだろうから気にしてなかったんですね。
お店に行けば店舗周辺の地域で使用可能な製品ばかりで考えなくても購入できますが、ネットショッピングだと基礎知識は持つべきと思いました。

セラミックヒーターはここのところにしては高額の商品、長く使う電気製品だから説明書きに納得して買うのがよいことですね。